2014年12月31日

雇用保険法:日雇労働求職者給付金からの出題です。

問題

日雇労働求職者給付金の支給を受けることができる者が、公共職業安定所の紹介する業務に就くことを正当な理由なく拒んだ場合、その拒んだ日から起算して10日間は、日雇労働求職者給付金は、支給されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月30日

雇用保険法:日雇労働求職者給付金からの出題です。

問題

日雇労働求職者給付金(普通給付)に関する失業の認定は、その者の選択する公共職業安定所において、日々その日について、行われる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月29日

雇用保険法:日雇労働求職者給付金からの出題です。

問題

日雇労働被保険者が、失業した場合、その失業の日の属する月の前2か月間に、第1級印紙保険料が24日分納付されていれば、他に印紙保険料が納付されていなくても、日雇労働求職者給付金(普通給付)の第1級給付金が支給される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月26日

雇用保険法:日雇労働求職者給付金からの出題です。

問題

日雇労働求職者給付金(普通給付)は、日雇労働被保険者が失業した場合において、その失業の日前2か月間に、その者について、印紙保険料が通算して26日分以上納付されているときに支給される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月25日

雇用保険法:介護休業給付金からの出題です。

問題

介護休業給付金支給申請書は、介護休業給付金の支給対象となる介護休業を終了した日の翌日から起算して、原則として2箇月を経過する日の属する月の末日までに提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月24日

雇用保険法:介護休業給付金からの出題です。

問題

被保険者の兄弟姉妹の子は、当該被保険者が同居し、かつ、扶養している場合であっても、その介護のための休業に対して、介護休業給付金の支給が認められる対象家族には含まれない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月23日

雇用保険法:育児休業給付金からの出題です。

問題

育児休業期間中に事業主から賃金が支払われる場合、支給単位期間における賃金額が休業開始時賃金日額に支給日数を乗じて得た額の100分の61に相当する額以上であるときには、当該支給単位期間について、育児休業給付金は支給されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月22日

雇用保険法:育児休業給付金からの出題です。

問題

育児休業給付金は、休業開始前2年間にみなし被保険者期間が継続して12箇月以上あることが必要である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月19日

雇用保険法:時効からの出題です。

問題

失業等給付の支給を受け、又は、その返還を受ける権利は2年を経過したときは、時効によって消滅する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月18日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

訪問事業所の事業主から求職活動費が支給される場合、その額が所定の基準により計算した広域求職活動費の額の100分の80に相当する額以上であれば、広域求職活動費は支給されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月17日

雇用保険法:移転費からの出題です。

問題

移転費は、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、移転料及び着後手当の6種類であり、移転費(着後手当を除く。)は、移転費の支給を受ける受給資格者等の旧居住地から新居住地までの順路によって、計算した額が支給される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月16日

雇用保険法:移転費からの出題です。

問題

移転費の種類としては、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、宿泊料がある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月15日

雇用保険法:移転費からの出題です。

問題

就職先の事業主等から就職支度費が支給される場合にあっては、その支給額が、移転費として計算した額に満たないときは、その差額に相当する額を移転費として支給する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月12日

雇用保険法:就業促進定着手当からの出題です。

問題

管轄公共職業安定所長は、受給資格者に対する就業促進定着手当の支給を決定したときは、その日の翌日から起算して7日以内に就業促進定着手当を支給するものとする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月10日

雇用保険法:技能習得手当及び寄宿手当からの出題です。

問題

技能習得手当及び寄宿手当は、受給資格者に対し、支給日又は傷病手当を支給すべき日に、その日の属する月の前月の末日までの分を支給する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月09日

雇用保険法:技能習得手当からの出題です。

問題

技能習得手当には、受講手当、通所手当及び寄宿手当の3種類がある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月08日

雇用保険法:傷病手当からの出題です。

問題

受給資格者が、離職後公共職業安定所に求職の申し込みをした後、疾病又は負傷のために職業に就くことができない場合であっても、当該求職の申し込みの日以後7日に満たない間は、傷病手当が支給されることはない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月05日

雇用保険法:適用事業からの出題です。

問題

株式会社や有限会社などの営利法人が行う事業は常に適用事業となるが、公益法人の行う事業は、一定の要件に該当する限り、暫定任意適用事業になり得る。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月04日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

家事使用人は被保険者とならないが、適用事業の事業主に雇用され、主として家事以外の労働に従事することを本務とする者は、例外的に家事に使用されることがあっても、被保険者となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月03日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

暫定任意適用事業の事業主が、任意加入の認可を受けた場合、当該事業で雇用される労働者は、その意思のいかんにかかわらず、7日間の待期の後、当然に被保険者となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年12月02日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

適用事業に雇用された者であって、雇用保険法第6条のいわゆる適用除外に該当しない者は、雇用関係に入った最初の日ではなく、雇用契約の成立の日から被保険者となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年07月18日

雇用保険法:受給資格者からの出題です。

問題

特定受給資格者に該当する一般被保険者が失業をして、基本手当の支給を受けるためには、算定対象期間(原則1年)に被保険者期間が通算して6箇月以上あることが必要であるが、その計算にあっては、離職の日からさかのぼって、被保険者であった期間を1箇月ごとに区切っていき、その1箇月の期間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上なければ、その月は被保険者期間の1箇月として算入されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年07月17日

雇用保険法:適用事業からの出題です。

問題

暫定任意適用事業の事業主は、その事業に使用される労働者の2分の1以上の同意を得なければ、任意加入の申請を行うことはできず、また、その事業に使用される労働者の2分の1以上が希望するときは、任意加入の申請を行わなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月31日

雇用保険法:雑則からの出題です。

問題

失業等給付の支給を受け、又はその返還を受ける権利は、2年を経過したときは、時効によって消滅する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月30日

雇用保険法:雑則からの出題です。

問題

行政庁は、雇用保険法の施行のため必要があると認めるときは、当該職員に、被保険者を雇用していた事業主の事務所に立ち入らせることができるが、この権限は、犯罪調査のために認められるものと解釈してはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月27日

雇用保険法:高年齢雇用継続給付からの出題です。

問題

高年齢雇用継続給付金は、高年齢継続被保険者に支給されることはない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 10:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月26日

雇用保険法:介護休業給付からの出題です。

問題

被保険者が同居し、又は、扶養している当該被保険者の祖父母、兄弟姉妹及び孫を介護するために被保険者が休業をし、所定の要件を満たしたときには、介護休業給付金が支給される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 10:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月25日

雇用保険法:育児休業給付金からの出題です。

問題

被保険者は、初めて育児休業給付金の支給を受けようとするときは、育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書の提出を、やむを得ない理由がある場合を除き、雇用保険法第61条の4第3項に規定する支給単位期間の初日から起算して2か月を経過する日の属する月の末日までにしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月24日

雇用保険法:高年齢雇用継続給付からの出題です。

問題

高年齢雇用継続給付受給資格者確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書に記載された事項については、事業主の証明は必要ない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 14:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月23日

雇用保険法:高年齢雇用継続給付からの出題です。

問題

事業主は、当該事業所の労働者の過半数で組織する労働組合(労働者の過半数で組織する労働組合がないときは、労働者の過半数で代表する者。)との間に書面による協定がないときであっても、所定の要件を満たすることにより、被保険者に代わって、支給申請を行うべき月ごとに、高年齢雇用継続給付支給申請書の提出を することができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月20日

雇用保険法:教育訓練給付金からの出題です。

問題

管轄公共職業安定所の長は、教育訓練給付金の支給を決定したときは、その日の翌日から起算して10日以内に教育訓練給付金を支給する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 14:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月19日

雇用保険法:教育訓練給付金からの出題です。

問題

教育訓練給付金の額として算定された額が5,000円となるときは、教育訓練給付金は、支給されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月18日

雇用保険法:教育訓練給付金からの出題です。

問題

教育訓練給付金の支給を受けようとする者は、やむを得ない理由がある場合を除いて、当該教育訓練給付金の支給に係る教育訓練を修了した日の翌日から起算して1か月以内に、教育訓練給付金支給申請書に所定の書類を添えて、管轄公共職業安定所の長に提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 10:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月17日

雇用保険法:教育訓練給付金からの出題です。

問題

教育訓練給付金の支給を受けるためには、教育訓練を受け、当該教育訓練を修了したことが必要であるが、当該教育訓練を行った指定教育訓練実施者によりその旨の証明がされていない場合にも、所定の要件を満たすことにより、支給を受けることができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月16日

雇用保険法:教育訓練給付金からの出題です。

問題

教育訓練給付金の算定の基礎となる教育訓練の受講の為に支払った費用として認められるのは、入学料及び受講料(当該教育訓練の期間が1年を超えるときは、当該1年を超える部分に係る受講料を除く。)である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月13日

雇用保険法:基本手当からの出題です。

問題

受給資格者は、受給期間内に就職し、その期間内に再び離職し、当該受給期間内に係る受給資格に基づき基本手当の支給を受けようとするときは、管轄公共職業安定所に出頭し、その保管する受給資格者証を離職票又は 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書に添えて提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 14:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月12日

雇用保険法:基本手当からの出題です。

問題

受給資格者(口座振込受給資格者を除く。)が疾病、負傷、就職その他やむを得ない理由によって、支給日に管轄公共職業安定所に出頭することができないことは、その代理人が当該受給資格者に支給されるべき基本手当の支給を受けることができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月11日

雇用保険法:基本手当からの出題です。

問題

管轄公共職業安定所の長は、受給資格者証を提出した受給資格者に対して失業の認定を行った後、正当な理由があるときは、受給資格者証を返付しないことができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月10日

雇用保険法:基本手当からの出題です。

問題

受給資格者は、失業の認定日に民間の職業紹介事業者の紹介に応じて求人者に面接するために公共職業安定所に出頭することができなかったときは、その理由を記載した証明書を提出することによって、公共職業安定所に出頭しなくても、失業の認定を受けることができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月09日

雇用保険法:基本手当からの出題です。

問題

受験資格者は、失業の認定を受けようとするときは、失業の認定日に、管轄公共職業安定所に出頭し、正当な理由がある場合を除き、離職票に所定の書類を添えて提出した上、職業の紹介を求めなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 07:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月06日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

船員法第1条に規定する船員であって、漁船に乗り組むため雇用される者であっても、雇用保険法が適用される場合がある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月05日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

日本国に在住する外国人が、期間の定めのない雇用として、適用事業に週に30時間雇用されている場合は、外国公務員又は外国の失業補償制度の適用を受けていることが立証された者を除き、国籍(無国籍を含む。)のいかんを問わず被保険者となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 15:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月04日

雇用保険法:適用事業からの出題です。

問題

同時に2以上の雇用関係について被保険者となることはない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 15:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月03日

雇用保険法:被保険者からの出題です。

問題

学校教育法第1条、第124条又は第134条第1項の学校の学生又は生徒であっても、卒業を予定している者であって、適用事業に雇用され、卒業した後も引き続き当該事業に雇用されることとなっているものは、雇用保険法が適用される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法

2013年12月02日

雇用保険法:適用事業からの出題です。

問題

常時5人未満の労働者を雇用する農林の事業は、法人である事業主の事業を除き、当分の間、任意適用事業とされている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:雇用保険法


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ