2015年02月27日

労働に関する一般常識:職業安定法からの出題です。

問題

公共職業安定所が行う職業紹介は、求職者及び求人者に対して、例外なく無料で行われるものである。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月26日

労働に関する一般常識:職業安定法からの出題です。

問題

有料の職業紹介事業者は、有料職業紹介事業を廃止したときは、廃止日から30日以内に、有料の職業紹介事業を行うすべての事業所に係る有料許可証を添えて有料職業紹介事業廃止届出書を厚生労働大臣に届け出なければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月25日

労働に関する一般常識:最低賃金法からの出題です。

問題

労働者が2以上の最低賃金の適用を受けるときは、最低賃金のうち最高のものが適用される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月24日

労働に関する一般常識:最低賃金法からの出題です。

問題

厚生労働大臣又は都道府県労働局長は、地域別最低賃金について、地域における労働者の生計費及び賃金並びに通常の事業の賃金支払能力を考慮して必要があると認めるときは、その決定の例により、その改正又は廃止の決定をしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月23日

労働に関する一般常識:最低賃金法からの出題です。

問題

派遣労働者については、派遣先の事業の事業場の所在地を含む地域について決定された地域別最低賃金において定める最低賃金額を適用する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月20日

労働に関する一般常識:育児・介護休業法からの出題です。

問題

事業主は、労使協定により育児休業ができない者と定められた労働者以外の労働者から休業の申し出があった場合、申出を拒むことができない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月19日

労働に関する一般常識:育児・介護休業法からの出題です。

問題

小学校就学前の子を養育する労働者は、申し出ることにより、1年度において、5労働日を限度に、病気・けがをした子の看護のために、休暇を取得することができるが、看護休暇を取得した日についての賃金は有給でなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月18日

労働に関する一般常識:育児・介護休業法からの出題です。

問題

いわゆるパパ・ママ育休プラスとして1歳到達日後1歳2か月までの間で育児休業を取得している場合は、1歳6か月までの育児休業の延長をすることができない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月17日

労働に関する一般常識:育児・介護休業法からの出題です。

問題

育児休業の対象となる労働者には、日々雇用される者、期間を定めて雇用される者は含めないが、介護休業については、休業期間が短い為、上記の者も対象となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月16日

労働に関する一般常識:育児・介護休業法からの出題です。

問題

事業主並びに国及び地方公共団体は、基本的理念に従って、子の養育又は家族の介護を行う労働者等の福祉を増進するように努めなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月13日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

妊娠中の女性労働者及び出産後1年6月を経過しない女性労働者に対してなされる解雇は、無効とする。

但し、事業主が当該解雇が妊娠・出産等を理由とする解雇でないことを証明したときは、この限りではない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月12日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

有期契約労働者から、正社員への雇用形態の変更のため、試験の合格基準を男女で異なるものとすることは、男女雇用機会均等法に違反する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月11日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

事業主は、労働者の配置(業務の配分及び権限の付与を含む。)、昇進、降格及び教育訓練について、労働者の性別を理由として、差別的取扱いをしてはならないが、配置には、採用に引き続いて行う場合、配置転換によりある職務へと変える場合を含むが、いわゆる出向については、含まれない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月10日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

男女雇用機会均等法は、法の下の平等を保障する日本国憲法の理念にのっとり雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を図るとともに、女性労働者の就業に関して妊娠中及び出産後の健康の確保を図る等の措置を推進することを目的とする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月09日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

事業主並びに国及び地方公共団体は、基本的理念に従って、労働者の職業生活の充実が図られるようにしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月06日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促進法からの出題です。

問題

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律において、紛争当事者は、あっせんの期日における意見の陳述等を他人に代理させる場合には、代理人の氏名、住所及び職業を記載した書面に、代理権授与の事実を証明する書面を添付して、あっせん委員に提出し、許可を得なければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月05日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促進法からの出題です。

問題

紛争調整委員会の庶務は、その置かれる都道府県労働局労働基準部において処理する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月04日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促進法からの出題です。

問題

紛争調整委員会は、厚生労働省内に置かれている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月03日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促進法からの出題です。

問題

地方公共団体は、国の施策と相まって、当該地域の実情に応じ、個別労働関係紛争を未然に防止し、及び個別労働関係紛争の自主的な解決を促進するため、労働者、求職者又は事業主に対する情報の提供、相談、あっせんその他の必要な施策を推進しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2015年02月02日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促進法からの出題です。

問題

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律は、労働契約の存否その他の労働関係に関する事項についての個々の労働者と事業主との間に生じた民事に関する紛争について、当事者の申立てにより、事件を審理し、調停の成立による解決の見込みがある場合には、これを試み、その解決に至らない場合には、審判による解決を図ることを目的とする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月31日

労働に関する一般常識:短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律からの出題です。

問題

事業主は、業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(「職務の内容」という。)が当該事業所に雇用される通常の労働者と同一の短時間労働者(「職務内容同一短時間労働者」という。)であって、当該事業主と期間の定めのない労働契約を締結しているもののうち、当該事業所における慣行その他の事情からみて、当該事業主との雇用関係が終了するまでの全期間において、その職務の内容及び配置が当該通常の労働者の職務の内容及び配置の変更の範囲と同一の範囲で変更されると見込まれるもの(「通常の労働者と同視すべき短時間労働者」という。)については、短時間労働者であることを理由として、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生施設の利用その他の待遇について、差別的取扱いをしないように努めるものとする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月30日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律からの出題です。

問題

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律のあっせんの申請をしようとする者は、あっせん申請書を当該あっせんに係る個別労働関係紛争の当事者(「紛争当事者」という。)である労働者に係る事業場の所在地を管轄する都道府県労働局長に提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月29日

労働に関する一般常識:高年齢者雇用安定法からの出題です。

問題

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第2条第1項に定める高年齢者とは、60歳以上の者である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月28日

労働に関する一般常識:労働契約法からの出題です。

問題

労働契約法第19条第1条は、有期労働契約が期間の満了毎に当然更新を重ねてあたかも期間の定めのない契約と実質的に異ならない状態で存在していた場合には、解雇に関する法理を類推すべきであると判示した東芝柳町工場事件最高裁判決の要件を規定したものである。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年06月23日

社会保険の一般常識:高齢者の医療の確保に関する法律からの出題です。

問題

後期高齢者医療制度は、高齢者の疾病、負傷又は死亡に関して必要な給付を行う。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月28日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

女性労働者が労働基準法第65条第3項の規定により軽易な業務への転換の請求をした場合において、女性労働者が転換すべき業務を指定せず、かつ、客観的にみても他に転換すべき軽易な業務がない場合、女性労働者がやむを得ず休業する場合、法第9条第3項により禁止される解雇その他不利益な取扱い(不利益な自宅待機を命ずること。)に該当する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月27日

労働に関する一般常識:男女雇用機会均等法からの出題です。

問題

事業主は、女性労働者が婚姻し、妊娠し、又は出産したことを退職理由として予定する定めをしてはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月26日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

派遣元事業主及びその代理人、使用人その他の従業者は、正当な理由がある場合でなければ、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

   派遣元事業主及びその代理人、使用人その他の従業者でなくなった後においても、同様とする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月25日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

厚生労働大臣は、関係派遣先への派遣割合が8割を超えた派遣元事業主に対し、同法に基づく指導又は助言をした場合において、当該派遣元事業主がなお関係派遣先について派遣割合が8割を超える労働者派遣を行っているときは、当該派遣元事業主に対し、必要な措置をとるべきことを勧告することができるものとされている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月24日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

厚生労働大臣は、一般労働者派遣事業の許可をしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、一般労働者派遣事業を行う事業所の数に応じ、許可証を交付しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月21日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

派遣元事業主は、関係派遣先に労働者派遣をするときは、関係派遣先への派遣割合が100分の90以下となるようにしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月20日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

派遣元事業主は、その業務を迅速かつ的確に遂行するために専門的な知識、技術又は経験を必要とする業務のうち、労働者派遣により日雇労働者(日々又は30日以内の期間を定めて雇用する労働者をいう。以下この項において同じ。)を従事させても当該日雇労働者の適正な雇用管理に支障を及ぼすおそれがないと認められる業務として政令で定める業務について労働者派遣をする場合又は雇用の機会の確保が特に困難であると認められる労働者の雇用の継続等を図るために必要であると認められる場合その他の場合で政令で定める場合を除き、その雇用する日雇労働者について労働者派遣を行ってはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月19日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

派遣先は、派遣元事業主が行う派遣労働者に係る均衡を考慮した待遇の確保の為に必要な措置が適切に講じられるようにするため、派遣元事業主の求めに応じ、その指揮命令の下に労働させる派遣労働者が従事する業務と同種の業務に従事する当該派遣先に雇用される労働者に関する情報であって、当該措置に必要なものを提供する等必要な協力をしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月18日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

労働者派遣法は、労働基準法と相まって労働力の需給の適正な調整を図るため労働者派遣事業の適正な運営の確保に関する措置を講ずるとともに、派遣労働者の就業に関する条件の整備等を図り、もって派遣労働者の雇用の安定その他福祉の増進に資することを目的とする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月17日

労働に関する一般常識:労働者派遣法からの出題です。

問題

規制緩和が図られた結果、派遣法においては、すべての業務について、公共職業安定所への届出だけで足りるとされ、派遣労働が自由化された。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月14日

労働に関する一般常識:労働契約法からの出題です。

問題

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるように必要な配慮をするものとされている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月13日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促法からの出題です。

問題

厚生労働大臣は、個別労働関係紛争に関し、当該個別労働関係紛争の当事者の双方または一方からその解決につき援助を求められた場合には、当該個別労働関係紛争の当事者に対し、必要な助言又は指導をすることができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月12日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促法からの出題です。

問題

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律においては、労働条件その他労働関係に関する事項についての個々の労働者と事業主との間の紛争(個別労働関係紛争という。)について、当該個別労働関係紛争(労働者の募集及び採用に関する事項についての紛争を含む。)の紛争当事者の双方又は一方からあっせんの申請があった場合、都道府県労働局長が当該個別労働関係紛争の解決のために必要があると認めるときは、同法に基づいて設置された紛争調整委員会にあっせんを行わせるものとしている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月11日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促法からの出題です。

問題

個別労働紛争解決促進法の目的は、労働条件その他労働関係に関する事項についての個々の労働者と事業主との間の紛争について、迅速かつ適正な解決を図ることである。
解雇、労働条件の変更等の労働条件やセクシュアルハラスメント等に関する紛争はこの法律の対象になるが、労働者の募集及び採用に関する個々の求職者と事業主との間の紛争はこの法律の対象にならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月10日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促法からの出題です。

問題

紛争調整委員会のあっせん委員が行うあっせんの手続は、公開しない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月07日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促法からの出題です。

問題

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第5条第1項 のあっせんの申請をしようとする者は、あっせん申請書(様式第1号)を当該あっせんに係る個別労働関係紛争の当事者である労働者に係る事業場の所在地を管轄する労働基準監督署長に提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月06日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争解決促法からの出題です。

問題

紛争調整委員会の委員の数は、東京紛争調整委員会は30人、大阪紛争調整委員会は21人、愛知紛争調整委員会は15人、北海道紛争調整委員会及び埼玉紛争調整委員会は12人、茨城紛争調整委員会、千葉紛争調整委員会、神奈川紛争調整委員会、静岡紛争調整委員会及び福岡紛争調整委員会は9人、その他の委員会に6人である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月05日

労働に関する一般常識:最低賃金法からの出題です。

問題

最低賃金法第8条において、「最低賃金の適用を受ける使用者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該最低賃金の概要を、常時作業場の見やすい場所に掲示し、又はその他の方法で、労働者に周知させるための措置をとらなければならない。」と周知が義務化されており、最低賃金法第41条第1号において、法第8条に違反した者(地域別最低賃金及び船員に適用される特定最低賃金に係るものに限る。)に対する罰則(30万円以下の罰金)が定められている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月04日

労働に関する一般常識:最低賃金法からの出題です。

問題

労働者派遣法第44条第1項に規定する派遣中の労働者については、当該派遣元の事業の事業場の所在地を含む地域について決定された地域別最低賃金が適用される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年02月03日

労働に関する一般常識:最低賃金法からの出題です。

問題

最低賃金法第3条において、最低賃金額は、時間又は日によって定めるものとする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ