2014年06月24日

社会保険の一般常識:高齢者の医療の確保に関する法律からの出題です。

問題

高齢者の医療の確保に関する法律において、加入者とは、被用者保険の加入者(健康保険の被保険者とその被扶養者、共済組合の組合員等とその被扶養者等)と国民健康保険法の規定による被保険者である。













解答:○です。

解説:その通りです。

医療保険の加入者=高齢者の医療の確保に関する法律における加入者となります。




  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(社会)


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ