2014年10月31日

労働安全衛生法:監督等からの出題です。

問題

都道府県労働局長は、労働安全衛生法第99条の2の規定により、労働災害が発生した場合において、その再発を防止する為必要があると認めるときは、当該労働災害に係る事業者に対し、期間を定めて、当該労働災害が発生した事業場の総括安全衛生管理者、安全管理者、衛生管理者、統括安全衛生責任者その他労働災害の防止のための業務に従事する者に都道府県労働局長の指定する者が行う講習を受けさせるよう指示することができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月30日

労働安全衛生法:健康診断からの出題です。

問題

労働者は、事業者が実施する健康診断を必ず受けなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月29日

労働安全衛生法:安全衛生教育からの出題です。

問題

労働安全衛生法第60条に定める職長等の教育に関する規定には、同法第59条に定める雇入れ時の教育(同条第1項)、作業内容変更時の教育(同条第2項)及び特別の教育(同条第3項)に関する規定と同様に、その違反には罰則が付けられている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年10月28日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

建設業に属する事業を行う特定元方事業者は、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われるときは、当該場所の状況(労働者に危険を生ずるおそれのある箇所の状況を含む。以下において同じ。)、当該場所において行われる作業相互の関係等に関し関係請負人がその労働者であって、当該場所で新たに作業に従事することとなったものに対して周知を図ることに資するため、当該関係請負人に対し、当該周知を図るための場所の提供、当該周知を図るために使用する資料の提供等の措置を講じなければならない。

ただし、当該特定元方事業者が、自ら当該関係請負人の労働者に当該場所の状況、作業相互の関係等を周知させるときは、この限りでない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月27日

労働安全衛生法:安全衛生教育からの出題です。

問題

事業者は、所轄都道府県労働局長が労働災害の発生率等を考慮して指定する事業場について、労働安全衛生法第59条又は第60条の規定に基づく安全又は衛生のための教育に関する具体的な計画を作成しなければならず、また、当該事業者は、1月1日から12月31日までに行ったこれらの規定に基づく安全又は衛生のための教育の実施結果を、毎年一定の期日までに、所定の様式により、所轄労働基準監督署長に報告しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月24日

労働安全衛生法:特定機械等からの出題です。

問題

動力により駆動されるプレス機械は、原則、厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備していなければ、譲渡し、貸与、又は設置してはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月23日

労働安全衛生法:特定機械等からの出題です。

問題

都道府県労働局長又は登録製造時等検査機関は、製造時等検査に合格した移動式の特定機械等について検査証を交付するが、当該検査証の交付を受けていない特定機械等は使用してはならず、また、検査証を受けた特定機械等は、検査証とともにするのでなければ、譲渡し、又は貸与してはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月22日

労働安全衛生法:特定機械等からの出題です。

問題

クレーンを設置している者が当該クレーンについて、その使用を廃止したとき、又はつり上げ荷重を2トン未満(スタッカー式クレーンにあっては、1トン未満)に変更したときは、その者は、遅滞なく、クレーン検査証を所轄労働基準監督署長に返還しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月21日

労働安全衛生法:特定機械等からの出題です。

問題

つり上げ荷重3トン以上(スタッカー式クレーンにあっては、1トン以上)のクレーンを製造した者は、当該クレーンについて、都道府県労働局長の検査を受けなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月20日

労働安全衛生法:特定機械等からの出題です。

問題

事業者は、ボイラーの使用を廃止したときは、遅滞なく、ボイラー検査証を登録製造時等検査機関に返還しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月17日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

事業者が労働安全衛生法第17条の規定により安全委員会を設置しなければならない場合、事業者は、当該事業場の労働者の過半数を組織する労働組合との間における労働協約に別段の定めがあるときを除き、その委員の半数については、当該事業場に労働者の過半数で組織する労働組合があるときには、その労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときにおいては労働者の過半数を代表する者の推薦に基づき指名しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月16日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

事業者は、常時1,000人を超える労働者を使用する事業場にあっては、衛生管理者のうち少なくとも1人を専任の衛生管理者としなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月15日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題



事業者は、産業医を選任すべき事業場以外の事業場については、労働安全衛生法第13条第1項に定める労働者の健康管理等(以下、労働者の健康管理等という。)を行うのに必要な知識を有する保健師に労働者の健康管理等の全部又は一部を行わせるように努めなければならない。



答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月14日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

安全委員会、衛生委員会又は安全衛生委員会を設けている事業者以外の事業者は、安全又は衛生に関する事項について、関係労働者の意見を聴くための機会を設けるようにしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月13日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

都道府県労働局長は、労働災害を防止する為に必要があると認めるときは、事業者に対し、総括安全衛生管理者の解任を命ずることができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月10日

労働安全衛生法:総則からの出題です。

問題

労働安全衛生法第3条第2項では、機械、器具その他の設備の製造者の責務として、機械、器具その他の設備の製造に際して、これらの物が使用されることによる労働災害の発生の防止に資するように努めなければならない旨が規定されている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月09日

労働安全衛生法:罰則からの出題です。

問題

労働安全衛生法第29条第2項には、元方事業者の講ずべき措置等として、元方事業者は、関係請負人又は関係請負人の労働者が、当該仕事に関し、この法律又はこれに基づく命令の規定に違反していると認めるときは、是正のため必要な指示を行わなければならない。との規定が置かれており、この規定の違反には、罰則が付いている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年10月08日

労働安全衛生法:罰則からの出題です。

問題

労働安全衛生法第122条のいわゆる両罰規定について、事業者が法人の場合、その法人の代表者がその法人の業務に関して同条に定められている各規定の違反行為をしたときは、当該代表者が行為者として罰せられるほか、その法人に対しても各本条の罰金刑が科せられる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年10月07日

労働安全衛生法:総則からの出題です。

問題

労働安全衛生法第3条第3項においては、建設工事の注文者等仕事を他人に請け負わされる者について、施工方法、工期等について、安全で衛生的な作業の遂行をそこなうおそれのある条件を附さないように配慮しなければならないと規定されている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月06日

労働安全衛生法:総則からの出題です。

問題

労働安全衛生法では、事業者は、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のための行為をするすべての者をいう。と定義されている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月03日

労働安全衛生法:総則からの出題です。

問題

事業者は、国が実施する労働災害の防止に関する施策に協力するよう努めなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年10月01日

【有料版】郵便振替キャンペーン、実施中です。

平成26年度の試験問題を分析しましたが、今年度は、選択式は、易しめで、択一式は、難しいかったようです。


なお、平成26年度版直前やまあてワード版の特典の【選択式予想条文】に掲載された【労働基準法の最高裁判例部分】が、また、社一で予想していました【年金積立金管理運用独立行政法人】が、厚生年金保険法で出題されました。


そして、直前やまあてワード版では、雇用保険法で新設された【就業促進定着手当】等多数的中させています。

続きを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:41 | お知らせ

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

労働者を常時100人以上使用する建設業の事業者は、その事業場ごとに総括安全衛生管理者を選任しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

労働安全衛生法:総則からの出題です。

問題

機械、器具その他の設備を設計する者は、これらの物の設計に際して、これらの物が使用されることによる労働災害の発生の防止に資するように努めなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ