2014年09月30日

労働基準法:専門業務型裁量労働制からの出題です。

問題

労働基準法第38条の3に規定するいわゆる専門業務型裁量労働制を採用しようとする場合において、労働時間の算定について、労使協定で定めるところによることとした場合に、当該協定に定める時間は、1日当たりの労働時間であり、休憩、深夜業及び休日に関する規定の適用は、排除されないので、法定休日に労働させた場合には、当該休日労働に係る割増賃金を支払う必要がある。



答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月29日

労働基準法:みなし労働時間制からの出題です。

問題

労働基準法第38条の2に規定するいわゆる事業場外労働のみなし労働時間制について、事業場外での業務を遂行するために通常所定労働時間を超えて労働することが必要となる場合には、当該業務の遂行に通常必要とされる時間を労使協定で定めることができる。

使用者は、この協定を所轄労働基準監督署長に必ず届け出なければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月26日

労働基準法:みなし労働時間制からの出題です。

問題

労働者が、労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定しがたいときは、原則として、所定労働時間労働したものとみなすことができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月25日

労働基準法:フレックスタイム制からの出題です。

問題

フレックスタイム制を採用する場合、労使協定で清算期間を定めなければならないが、その期間は、通常3箇月以内とされている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月24日

労働基準法:就業規則からの出題です。

問題

労働基準法第106条は、就業規則を労働者に周知する義務を定めているが、労働者全員が集まる集会の場で、会社の人事担当責任者がその内容を口頭で詳しく説明するという方法でとっただけでは、その義務を果たしたものとは認められない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月23日

労働基準法:就業規則からの出題です。

問題

使用者は、常時10人以上の労働者を使用するに至った場合においては、速やかに、労働基準法第89条の規定による就業規則の届出を所轄労働基準監督署長にしなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月22日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月19日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法第16条は、労働契約の不履行について違約金を定め又は損害賠償額を予定する契約をすることを使用者に禁止しているが、その趣旨は、このような違約金制度や損害賠償予定の制度がともすると労働の強制にわたり、あるいは、労働者の自由意思を不当に拘束し、労働者を使用者に隷属させることとなるので、これらの弊害を防止しようとする点にある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月18日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法は、同法の定める基準に達しない労働条件を定める労働契約についてその部分を無効とするだけでなく、無効となった部分を同法所定の基準で補充することも定めている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月17日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

いわゆる全額払の原則の趣旨は、使用者が一方的に賃金を控除することを禁止し、もって労働者に賃金の全額を確実に受領させ、労働者の経済生活を脅かすことのないようにして、その保護を図ろうとするものというべきであるのが最高裁判所の判例である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月16日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

いわゆる通貨払いの原則は、強行的な規制であるため労働協約に別段の定めがある場合にも賃金を通貨以外のもので支払うことは許されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月15日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

いわゆる通貨払いの原則の趣旨は、貨幣経済の支配する社会で最も有利な交換手段である通貨による賃金支払いを義務づけ、これによって、価格が不明瞭で換価にも不便であり弊害を招くおそれが多い実物給与を禁じることにある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月12日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

年次有給休暇は、原則、労働者の請求する時季に与えなければならないが、事業の正常な運営を保持するために必要な場合は、労働者の同意の下、その時季を変更することができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月11日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

労働基準法第39条の年次有給休暇を労働者がどのように利用するかは、労働者の自由であるが、ある事業場の労働者が、同じ企業に属する他の事業場における争議行為に年次有給休暇を届け出て参加する場合には、年次有給休暇に名をかりた同盟罷業にほかならないから、それは、年次有給休暇権の行使ではない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月10日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

年次有給休暇は、労働義務のある日についてのみ請求することができるため、育児休業期間中の期間については、年次有給休暇を原則、請求することができない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月09日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

年次有給休暇は、原則、労働者の請求する時季に与えなければならないが、事業の正常な運営を保持するために必要な場合は、労働者の同意の下、その時季を変更することができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月08日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

労働基準法第39条の趣旨は、労働者の心身の疲労を回復させ、労働力の維持培養を図るため、また、ゆとりある生活の実現にも資するという位置づけから、休日のほかに毎年一定日数の有給休暇を与えることにある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月05日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法第4条は、性別による差別のうち、特に顕著な弊害が認められた賃金について、罰則をもって、その差別的取扱いを禁止したものである。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月04日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法第3条は、すべての労働条件について差別待遇を禁止しているが、いかなる理由に基づくものもすべてこれを禁止しているわけではなく、同条で限定的に列挙している国籍、信条又は社会的身分を理由とする場合のみを禁じている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月03日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法第2条第1項が、労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきである。との理念を明らかにした理由は、概念的には対等者である労働者と使用者の間にある現実の力関係の不平等を解決することが、労働基準法の重要な視点であることにある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月02日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法は、労働条件の最低基準を定めたものであり、この最低基準が標準とならないように、同法は、この最低基準を理由として労働条件を低下させることを禁止し、その向上を図るように努めることを労働関係の当事者に義務づけている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年09月01日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法第1条にいう労働条件とは、賃金、労働時間、解雇、災害補償等の基本的な労働条件を指し、安全衛生、寄宿舎に関する条件は含まない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ