2014年07月31日

労働に関する一般常識:短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律からの出題です。

問題

事業主は、業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(「職務の内容」という。)が当該事業所に雇用される通常の労働者と同一の短時間労働者(「職務内容同一短時間労働者」という。)であって、当該事業主と期間の定めのない労働契約を締結しているもののうち、当該事業所における慣行その他の事情からみて、当該事業主との雇用関係が終了するまでの全期間において、その職務の内容及び配置が当該通常の労働者の職務の内容及び配置の変更の範囲と同一の範囲で変更されると見込まれるもの(「通常の労働者と同視すべき短時間労働者」という。)については、短時間労働者であることを理由として、賃金の決定、教育訓練の実施、福利厚生施設の利用その他の待遇について、差別的取扱いをしないように努めるものとする。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月30日

労働に関する一般常識:個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律からの出題です。

問題

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律のあっせんの申請をしようとする者は、あっせん申請書を当該あっせんに係る個別労働関係紛争の当事者(「紛争当事者」という。)である労働者に係る事業場の所在地を管轄する都道府県労働局長に提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月29日

労働に関する一般常識:高年齢者雇用安定法からの出題です。

問題

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第2条第1項に定める高年齢者とは、60歳以上の者である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月28日

労働に関する一般常識:労働契約法からの出題です。

問題

労働契約法第19条第1条は、有期労働契約が期間の満了毎に当然更新を重ねてあたかも期間の定めのない契約と実質的に異ならない状態で存在していた場合には、解雇に関する法理を類推すべきであると判示した東芝柳町工場事件最高裁判決の要件を規定したものである。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:一般常識(労働)

2014年07月25日

労働保険徴収法:保険関係からの出題です。

問題

保険年度の中途に新たに第2種特別加入者となった者に係る保険料算定基礎額については、月割で計算されるが、この場合、当該者が当該保険年度中に特別加入者とされた期間の月数に1月未満の端数があるときはこれを切り上げる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働保険徴収法

2014年07月24日

労働保険徴収法:保険関係からの出題です。

問題

労働者派遣事業における事業の種類は、派遣労働者の派遣先での作業実態により決定される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働保険徴収法

2014年07月23日

労働保険徴収法:保険関係からの出題です。

問題

下請負事業の分離に係る厚生労働大臣の認可を受けようとするときは、元請負人及び下請負人が共同で、保険関係が成立した日の属する月の翌月末日までに、下請負人を事業主とする認可申請書を所轄都道府県労働局長に提出しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働保険徴収法

2014年07月22日

労働保険徴収法:保険関係からの出題です。

問題

有期事業の一括の対象となる事業とは、それぞれの事業が、労災保険に係る保険関係が成立している事業のうち、土木、建築その他の工作物の建設、改造、保存、修理、変更、破壊若しくは解体若しくはその準備の事業又は立木の伐採の事業である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働保険徴収法

2014年07月21日

労働保険徴収法:保険関係からの出題です。

問題

保険関係が成立した後1年を経過した労災保険暫定任意適用事業の事業主であっても、その使用する労働者の4分の3以上の同意がなければ、その保険関係を消滅させる申請を行うことはできない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働保険徴収法

2014年07月18日

雇用保険法:受給資格者からの出題です。

問題

特定受給資格者に該当する一般被保険者が失業をして、基本手当の支給を受けるためには、算定対象期間(原則1年)に被保険者期間が通算して6箇月以上あることが必要であるが、その計算にあっては、離職の日からさかのぼって、被保険者であった期間を1箇月ごとに区切っていき、その1箇月の期間に賃金支払いの基礎となった日数が11日以上なければ、その月は被保険者期間の1箇月として算入されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年07月17日

雇用保険法:適用事業からの出題です。

問題

暫定任意適用事業の事業主は、その事業に使用される労働者の2分の1以上の同意を得なければ、任意加入の申請を行うことはできず、また、その事業に使用される労働者の2分の1以上が希望するときは、任意加入の申請を行わなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:雇用保険法

2014年07月16日

労災保険法:特別支給金からの出題です。

問題

特別支給金は、保険給付としてではなく、社会復帰促進等事業の一環として支給されるものであるが、各保険給付に対応してそれと一体的に支給されるものであり、その法的性格も保険給付と実質的に同じく損害てん補の性質を有するので、その価格の限度において、保険給付とともに損害賠償との調整が行われる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労災保険法

2014年07月15日

労災保険法:通勤災害からの出題です。

問題

被災労働者は、当日午後5時までの所定の勤務を終えて、バスで帰宅するため午後5時10分頃退社する際、親しい同僚といっしょになったので、お互いによく利用している会社の隣の喫茶店に寄って、コーヒーを飲みながら雑談し、40分程度過ごした後、同僚の乗用車で合理的な経路を自宅まで送られ、車を降りようとした際に、乗用車で追突され、負傷した。これは、通勤災害である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労災保険法

2014年07月14日

労災保険法:療養給付からの出題です。

問題

療養給付を受ける労働者(厚生労働省令で定める者を除く。)は、その費用の一部として200円(健康保険の日雇特例被保険者にあっては、100円)を負担する。

   ただし、療養給付を受ける労働者に支給する休業給付であって、最初に支給すべき事由の生じた日に係るものについて厚生労働省令で定める額を減額した休業給付の支給を受けた労働者については、この限りでない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労災保険法

2014年07月11日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

安全管理者は、その事業場に専属の者を選任しなければならないが、2人以上の安全管理者を選任する場合において、当該安全管理者の中に労働衛生コンサルタントがいるときは、当該者のうち、1人については、専属の者である必要はない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年07月10日

労働安全衛生法:労働者死傷病報告からの出題です。

問題

派遣中の労働者が、派遣就業中に労働災害により死亡し、又は休業した場合における労働安全衛生規則第97条の規定に基づく労働者死傷病報告の提出は、派遣先、派遣元双方の事業者が行う。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 10:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年07月09日

労働安全衛生法:特定機械等からの出題です。

問題

使用を休止していたつり上げ荷重3トンのクレーンを再び使用しようとする者は、都道府県労働局長の許可を受けなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 10:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年07月08日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

常時3,000人の労働者を使用する事業場の事業者は、少なくとも1人の産業医と5人の衛生管理者を選任しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年07月07日

労働安全衛生法:安全衛生管理体制からの出題です。

問題

安全管理者、衛生管理者及び産業医の職務には、作業場等の巡視が含まれているが、安全管理者にはおいては、常に、衛生管理者、産業医においては、少なくとも毎月1回行うこととされている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働安全衛生法

2014年07月04日

労働基準法:解雇予告手当からの出題です。

問題

解雇予告手当(労働基準法第20条の規定に基づき、解雇の予告に代えて支払われる平均賃金を言う。)は、同法第11条の賃金ではない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2014年07月03日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

従来、賃金の締切日が、毎月10日であったものが、8月より毎月25日に変更となった。

その後、9月25日に算定事由が発生した場合、直前の賃金締切日の9月25日から7月10日までの期間を算定対象期間として、平均賃金を算定する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:労働基準法

2014年07月02日

労働基準法:労働条件からの出題です。

問題

使用者が、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱いをしてはならないが、その他の労働条件には、採用は含まれない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:労働基準法

2014年07月01日

労働基準法:労働条件からの出題です。

問題

労働基準法において、労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ