2014年05月30日

厚生年金保険法:日本年金機構からの出題です。

問題

日本年金機構は、滞納処分等をしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、速やかに、その結果を厚生労働大臣に報告しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月29日

厚生年金保険法:遺族厚生年金からの出題です。

問題

障害厚生年金の受給権者が死亡した時は、死亡した者の障害等級にかかわりなく、その者の遺族に遺族厚生年金が支給される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月28日

厚生年金保険法:遺族厚生年金からの出題です。

問題

妻及び子が受給権を有する遺族厚生年金は、妻が受給する間は、子に対する支給は、停止となるが、妻の所在が1年間不明であった場合、子による申請後の支給分からは子に対して支払われる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月27日

厚生年金保険法:遺族厚生年金からの出題です。

問題

遺族厚生年金を受けることができる遺族について、父母は、配偶者又は子が、祖父母は、配偶者、子又は父母が、孫は、配偶者、子、父母又は祖父母が遺族厚生年金の受給権を有したときは、それぞれ遺族厚生年金を受ける遺族としない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月26日

厚生年金保険法:遺族厚生年金からの出題です。

問題

被保険者であった者の父母が遺族厚生年金を受けることができるときは、当該被保険者であった者の孫に遺族厚生年金の受給権は発生しない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月23日

厚生年金保険法:障害厚生年金からの出題です。

問題

障害の程度が障害等級の1級又は2級に該当する者に支給する障害厚生年金の額は、受給権者がその権利を取得した当時その者によって生計を維持していたその者の60歳未満の配偶者があるときは、加給年金額を加算した額となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月22日

厚生年金保険法:障害厚生年金からの出題です。

問題

73歳の高齢任意加入被保険者が、障害等級3級の障害の状態になった場合に、被保険者期間中に初診日があり、その前日において、保険料の納付要件等他の支給要件を満たしている場合、障害厚生年金が支給される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月21日

厚生年金保険法:障害厚生年金からの出題です。

問題

初診日に厚生年金保険の被保険者であり、障害認定日に2級の障害の障害認定を受けた者について、その者が20歳到達前であるとき、障害厚生年金は、支給されるが、障害基礎年金は、20歳到達後まで支給されない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月20日

厚生年金保険法:障害厚生年金からの出題です。

問題

傷病等に係る初診日に厚生年金保険の被保険者であった者が、初診日の属する月の前々月まで国民年金の第1号被保険者であった場合、初診日の前日までに全被保険者期間中の3分の1を超える期間について保険料の滞納がなければ、保険料納付要件を満たしていることになる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月19日

厚生年金保険法:老齢厚生年金からの出題です。

問題

加給年金額が加算されている老齢厚生年金について、その対象となる妻が繰上げ支給の老齢基礎年金又は障害基礎年金の支給を受けることができるときは、いずれの場合も、その間、妻について、加算される額に相当する部分の支給は停止となる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月16日

厚生年金保険法:老齢厚生年金からの出題です。

問題

老齢厚生年金の受給権者が、昭和9年4月2日以降の生まれの場合には、その生年月日に応じて、加給年金額に一定の額が加算される。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月15日

法改正、クイズ、重要項目チェック等の情報が掲載されています。


たかはしじむしょのHPには、法改正、クイズ、重要項目チェック等の情報が掲載されています。

受験に役立つ情報だと思いますので、一度、ご覧頂ければと思います。

以下、掲載内容です。

原則、一般男子で特別支給の老齢厚生年金が支給されない方って?

A 昭和26年4月2日以後に生まれた方
B 昭和31年4月2日以後に生まれた方
C 昭和36年4月2日以後に生まれた方
D 昭和41年4月2日以後に生まれた方

答えは、こちらから。


法改正情報ページです。

重要項目チェックページです。

気になる新聞記事ページです。

  

posted by 社労士Compass! at 12:41 | お知らせ

厚生年金保険法:老齢厚生年金からの出題です。

問題

老齢厚生年金の加給年金については、加算が行われている配偶者が、その額の計算の基礎となる被保険者期間の月数が240か月以上である老齢厚生年金(その全額が支給を停止されているものを除く。)の支給を受けることができるときは、その間、当該配偶者について加算する額に相当する部分の支給を停止する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月14日

厚生年金保険法:老齢厚生年金からの出題です。

問題

60歳台前半の女性の老齢厚生年金における定額部分の支給開始年齢は、昭和16年4月2日以降に生まれた者から段階的に引き上げられ、昭和24年4月2日以降に生まれた者については、60歳から65歳に達するまでの間、定額部分が支給されなくなる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月13日

厚生年金保険法:老齢厚生年金からの出題です。

問題

老齢厚生年金の受給資格要件を満たす65歳以上の者が老齢厚生年金を受給するためには、厚生年金保険の被保険者期間が1か月以上必要であり、同要件を満たす60歳以上65歳未満の者が特別支給の老齢厚生年金を受給するためには、当該被保険者期間が1年以上必要である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月12日

厚生年金保険法:老齢厚生年金からの出題です。

問題

大正15年4月1日以前に生まれた配偶者に係る老齢厚生年金の加給年金額については、配偶者が65歳に達したことを要件として加給年金額が停止されることはない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月09日

厚生年金保険法:被保険者からの出題です。

問題

任意単独被保険者の資格の喪失をする時には、当該事業所の事業主の同意を得て厚生労働大臣の認可を受けることが必要である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月08日

厚生年金保険法:被保険者期間からの出題です。

問題

厚生年金保険における被保険者期間とは、被保険者の資格を取得した月からその資格を喪失した月の前月までの月単位で計算される期間のことであり、暦日単位で計算される被保険者であった期間とは異なる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月07日

厚生年金保険法:適用事業所からの出題です。

問題

同一の事業主による2以上の適用事業所(船舶を除く。)は厚生労働大臣の承認を受けて、1の適用事業所となることができるが、この承認があったときは、当該2以上の事業所は、適用事業所ではなくなったものとみなされる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月06日

厚生年金保険法:被保険者からの出題です。

問題

適用事業所以外の事業所に使用されている70歳未満の者であっても被保険者期間が10年未満である者は、任意単独被保険者となることができない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月05日

厚生年金保険法:総則からの出題です。

問題

厚生年金保険は、政府及び厚生年金基金が、管掌する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月02日

厚生年金保険法:適用事業所からの出題です。

問題

適用事業所以外の事業所が適用事業所になるとき、及び適用事業所でなくすときは、当該事業所に使用される従業員(適用除外に該当する者を除く。)の4分の3以上の同意を得て、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:厚生年金保険法

2014年05月01日

厚生年金保険法:適用事業所からの出題です。

問題

常時5人以上の従業員を使用する法人でない個人事業所のうち、物の製造、加工、選別、包装、修理又は解体の事業は、適用事業所となるが、旅館、料理店、飲食店等のサービス業は、適用事業所とならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:厚生年金保険法


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ