2013年09月30日

労働基準法:労働契約からの出題です。

問題

労働契約締結の際に明示すべきいわゆる絶対的明示事項の1つである期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準に関する事項の明示については、書面の交付でなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 14:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月27日

労働基準法:時効からの出題です。

問題

労働基準法の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は3年間行わない場合においては、時効によって消滅する。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月26日

労働基準法:代替休暇からの出題です。

問題

労働者が代替休暇を取得して終日出勤しなかった日については、年次有給休暇の算定基礎となる全労働日に含まれない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 14:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月25日

労働基準法:裁量労働制からの出題です。

問題

労働基準法第38条の4に規定するいわゆる企画業務型裁量労働制が適用される労働者については、対象業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関しては、使用者が具体的な指示をしないこととされているところから同法の休憩に関する規定の適用も排除されることとなる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 14:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月24日

労働基準法:みなし労働時間制からの出題です。

問題

事業場外労働に関するみなし労働時間制、専門業務型裁量労働制は、派遣労働者についても適用されるが、その場合、派遣先の使用者の責任にて行うものである。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月23日

労働基準法:フレックスタイム制からの出題です。

問題

派遣中の労働者の派遣就業に関し、派遣先の事業主が、当該派遣労働者をフレックスタイム制の下で、労働させる場合には、当該派遣労働者の派遣先の使用者が労働基準法に定める所要の手続きを行う必要がある。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月20日

労働基準法:変形労働時間制からの出題です。

問題

1週間単位の非定型的変形労働時間制が認められている事業は、常時使用する労働者が10人未満の小売業、旅館、料理店及び飲食店である。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月19日

労働基準法:変形労働時間制からの出題です。

問題

1箇月単位の変形労働時間制を採用する際、変形期間を定めなければならないが、その期間は、必ず1箇月でなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月18日

労働基準法:労働時間からの出題です。

問題

児童を労働させる場合、使用者は、休憩時間を除き、修学時間を通算して1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月17日

労働基準法:労働時間からの出題です。

問題

商業、映画演劇業(映画の製作の事業を除く。)保健衛生業及び接客娯楽業のうち、常時30人未満の労働者を使用するものについては、1週間について44時間、1日について8時間まで労働させることができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月16日

労働基準法:労働時間からの出題です。

問題

使用者は、労働者に、原則、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 13:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月13日

労働基準法:就業規則からの出題です。

問題

就業規則は、必ず、労働者に対して、書面でもって交付しなければならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 11:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月12日

労働基準法:就業規則からの出題です。

問題

使用者は、就業規則の作成又は変更について、当該事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては、労働者の過半数を代表とする者の同意を得なければいけない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 10:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月11日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

労働基準法上、賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいうとされているが、使用者が労働者に支払うものであっても、実費弁償として支払われる旅費は、原則、賃金ではない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月10日

労働基準法:賃金からの出題です。

問題

労働基準法に定める賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者又は顧客が労働者に支払うすべてのものをいう。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 12:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月09日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法は、労働条件の最低基準を定めたものであり、この最低基準が標準となるように、同法は、この最低基準を理由として、労働条件を低下させることを禁止し、その向上を図るように努めることを労働関係の当事者に義務づけている。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 15:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月06日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

週所定労働日数が、5日で、週所定労働時間が28時間の場合、比例付与の対象にはならない。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月05日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法に定める使用者とは、事業主又は事業の経営者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をする管理監督者以上の者をいう。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月04日

労働基準法:総則からの出題です。

問題

労働基準法第3条が差別的禁止事由として掲げる信条とは、政治的信条や思想上の信念そして、宗教上の信仰も含まれる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 08:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月03日

労働基準法:年次有給休暇からの出題です。

問題

労働基準法第39条に定める年次有給休暇は、暦日単位又は、時間単位で付与することができる。

答えを読む
  

posted by 社労士Compass! at 09:00 | 一問一答:労働基準法

2013年09月01日

社労士Compass!は、楽しく勉強できる内容になっています。

私、塾の講師をしていたとき、楽しく授業をすることを心がけました。

せっかく授業するのなら、つまんないと思われるより、楽しいと思われる方が良いと思ったからです。

それは、勉強をすることが楽しいと思わせて、やる気(モチベーション)を上げさせることが私の仕事だと思ったからです。

続きを読む
  

posted by 社労士Compass! at 07:29 | 閑話休題


無料メルマガのご案内!

平成27年度版社労士Compass!無料メルマガのご案内! 

平成27年度社会保険労務士(社労士)合格を目指す受験生の方にとって、有益な情報(法改正等)を一問一答、クイズ、アンケート等で楽しく、分かりやすく掲載します。(毎週火曜日(第5週除く)配信)

メルマガ購読・解除 ID: 71866
社会保険労務士受験情報メルマガ:社労士Compass!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ



過去問を中心にした問題(一問一答)を掲載。問題は、配信後、このブログに掲載しています。更新情報メルマガとしてもご利用下さい。(平日毎日配信)

メルマガ購読・解除 ID: 160320
〔平成27年度版〕社労士Compass!《一問一答版》
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ